バイアグラは危険か?

バイアグラの危険性を知る

バイアグラの危険性

バイアグラの発売わずか半年前にFDAが広告の規制を撤廃したために、バイアグラが一般広告の医薬品となりえたことはファイザー社にとっては非常にタイミングのいいことでした。

 

バイアグラの広告はクスリそのものよりも、アメリカ文化の規範と理想を知らしめることができました。

 

宣伝はもはや、単に商品を売るための手段ではなく、価値観の伝達媒体ともいえます。テレビや映画と同じように、どんな服を着て、ドンは家具をそろえて、どんな食事をするか、どうやって格好良く見せるかを教えてくれます。

 

また、どういう人間が尊敬されるか、どういう人間があざけりを受けるのか、ロマンチックな愛とはどういうものかなど人間の生き方の様々な部分を教えてくれます。

 

ファイザー社のバイアグラの広告は、男らしさ、異性愛者の性行為とロマンス、若々しさ、など男性のいき方を表現し伝達しました。

 

第一に、危険な命にかかわるバイアグラの段階は、バイアグラの発売の直後に始まり、断続的に半年間ほど続いた恐怖期でした。

 

バイアグラと関係する新造形が原因の死亡率が急増しているように見受けられたのです。

 

話題の薬が初めて認可された時に、多くの場合が示す傾向と同じように、アメリカ人たちは早い時期からその安全性と懸念していたのです。

 

薬物治療による人体への副作用はどの薬でもその効果と副作用とを天秤にかけて、その医薬品を使用するかどうかを決断していかなくてはいけないのです。

 

FDAのバイアグラの危険性の認知

 

バイアグラの危険性

バイアグラの使用に起因する死亡報告が増えてきたときに、FDAは循環器疾患を現在患っている患者、あるいは硝酸塩を摂取している人におけるバイアグラ使用の警告を発するようファイザー社に要請しました。

 

半年以上もバイアグラによる死の恐怖が続きましたが、バイアグラに起因する死亡率は、特定の年齢層における一般脂肪率と何ら変わらないと主張していた医学的報告がこうした話に反芻しました。

 

しかし、ファイザーとFDAが後押ししたこのような主張は、依然として物議をかもしています。

 

2000年になっても、雑誌では「バイアグラを飲んで死亡する人がいるのはなぜなのか?」と題する記事を掲載しています。

 

ファイザー社のバイアグラ向けの印刷物もテレビ広告も、発売から半年ほどたったころ、EDを宣伝する元大統領の広告が初めてでした。

 

これらの広告も上品な設定で、前立腺がんと関連付けながら、ED・勃起不全について医者に話せと男性たちに訴えている。

 

勇気や価値などの言葉で勃起不全という言葉を言うだけで「バイアグラ」という言葉は一言も発していない。この関連付けがはっきりしない場合だけファーザーという文字が画面には出ている。

 

このように暗にファイザー社と勃起不全が関連する広告が配信され、販売の下準備が始まっていたのです。

 

市場が整ったタイミングで満を持して登場したバイアグラは大きな注目の的でした。

バイアグラの罪

 

バイアグラ

勃起障害はバイアグラが登場してからも多くの方が悩んでおられる症状です。

 

そうした障害だけでなく、性的能力、音語義、個人の感覚からの理想に対して男性が抱く恐怖心もあるのです。

 

勃起障害を患っている男性、この先に勃起障害になってしまうのではないかとおびえている男性、性的能力を強化したいと考えている男性、こうした人たち全員が、ファイザーに自社製品向けの大市場を形成しているのです。

 

正常な男らしさと性的な体の構造を懸念する人にとっての疑問が多く存在しているのです。

 

ファイザー社は病気、性生活、男らしさについて重要なメッセージを送る位置にいます。

 

そして多くの男性がそれに耳を傾けます。しかし、彼らが送るべき選んだメッセージには病気の蔓延、勃起不全のバイアグラによる改善などファイザー社にとって利益的なメッセージだけだからです。

 

ファイザー社のターゲットは体の老いを感じている男性です。目標は男性を医者に行かせることです。

 

この販売戦略は筋が通っていますが、大きな問題をはらんでいるのです。

 

不安を抱いている男性は伝染病並みに多いかもしれませんが、深刻なEDを患っている男性の数はすっと少ないのです。

 

個々の男性と機能障害に陥っている体をターゲットにすることで、ファイザーは機能不全と言う社会規範や人間関係が男性の不安感や体に及ぼす衝撃を見えなくしているのです。

 

男性を医者に行かせることはいいことかもしれないが、患者かもしれない人たちはまず、そのパートナーや友人に話すべきではないのだろうか?

 

個人を重要視しすぎるファイザー社のやり方は、男性の心配や障害に寄与する社会文化的、医学的、人間関係に基づいた、年齢に関係する要因を覆い隠し、そのせいで黙ってしまう状態や社会不安が大量発生して強まるという結果を招いてしまったのです。